弁特利用時の料金表

 

獲得金額が極めて高額なケースを除き、基本的にご依頼者の自己負担はありません。

着手金

経済的利益の額が300万円以下の場合:獲得金額の8%+消費税

経済的利益の額が300万円を超え3000万円以下の場合:獲得金額の5%+9万円+消費税

経済的利益の額が3000万円を超え3億円以下の場合:獲得金額の3%+69万円+消費税

報酬
経済的利益の額が300万円以下の場合:獲得金額の16%+消費税

経済的利益の額が300万円を超え,3000万円以下の場合:獲得金額の10%+18万円+消費税

経済的利益の額が3000万円を超え,3億円以下の場合:獲得金額の6%+138万円+消費税

「結果には大変満足しています。賠償金がここまで増えたことに正直びっくりしています。保険会社の最初の提示額って一体何だったのでしょう。」
   直筆のアンケート用紙を見る(Click) 
「救世主みたいな弁護士様、私を救ってくれました。私達は心から感謝します。」
   直筆のアンケート用紙を見る(Click) 
「非常に満足している。事故発生直後から相談していればと思っています。本当にありがとうございました。
   直筆のアンケート用紙を見る(Click) 」
「もしも、又、何らかの問題が起きましたら、ぜひお願いしたいと思っております。」
   直筆のアンケート用紙を見る(Click) 
「代表弁護士様自らが何回も私と病院に同席していただいて、とても心強く感じておりました。とても感謝しております。」
   直筆のアンケート用紙を見る(Click) 


相手方保険会社による後遺障害手続き(事前認定)がなされず、障害部分のみを対象とした示談金額が5万円と提示されたため、被害者請求を行い、後遺障害等級12級を獲得し、提示額と獲得額の単純比較で実に114倍もの増額に成功しました。また、この事故では被害者の過が少なくなく、当初60%の過失を主張されておりましたが、数度に渡る交渉の結果45%にまで軽減できより多くの賠償額の獲得に至りました。

脊柱変形の後遺障害においては、労働能力の喪失(逸失利益)について大きく争われます。本件において、当事務所受任前の被害者への逸失利益の提示額は0円でした。これに対して、当事務所にて圧迫骨折の程度や就業上の実際の不都合性などを主張・立証し、逸失利益を認めさせ、また後遺障害慰謝料なども裁判所基準での支払いを求め、総額で約3倍の増額に成功しました。

80歳を超えるご高齢の被害者の案件でしたが、精算な事件を生じさせた被告側の過失の大きさなどを主張・立証することで慰謝料の増額が認められました。裁判所の和解案が提示された後も保険会社側からの抵抗がありましたが、当事務所の弁護士がこれを跳ね返し、裁判所の和解案通りの解決となりました。個人のご冥福をお祈り申し上げます。

むちうちでお悩みの方へ

 むち打ち 頚椎捻挫,頚部挫傷,外傷性頚部症候群様々な診断名が下されることがありますが,往々にして,時間が経てば治ると言われたり,そんな痛いはずはないなどと詐病扱いにされ,被害者の方も今一つ自信をもって交通事故によるケガであると主張しにくいところもあるようです。
そのため,保険会社から治療費を事故から3か月程度経過したところで治療費を打ち切られ,保険会社のいうがままに低い提示額で示談をしてしまい,以後の自費での治療に負担を感じられておられる方が多くみられます。
しかし,むち打ちは立派な後遺障害です。適切な後遺障害等級認定手続きをとることにより,将来の治療などに備えての十分な賠償額を獲得することができる12級や14級に該当する可能性のある後遺障害なのです。
むち打ちの適正な後遺障害等級獲得のためには事故直後からの準備が重要となります。MRIやCT画像などは必須であり、スパーリングテスト(神経学的検査)、腱反射テスト、筋萎縮検査なども重要視されます。
これらの客観的所見と自覚症状との間の整合性があれば12級獲得の可能性が高まります。あさかぜ法律事務所には交通事故の専門性を追求し、医学知識を有する弁護士が複数在籍しております。どうぞお気軽にご相談ください。

後遺障害等級認定でお悩みの方へ

 保険会社に対して後遺障害等級申請したにもかかわらず,適切な等級認定を受けられなかった(非該当の場合も含みます。)方もご相談ください。
非該当を含む後遺障害認定に対しては,異議申立ての手続や自賠責保険・共済紛争処理機構への等級に関する紛争処理を求めることなどができます。
これらの手続を行うにあたっては,認定に対する反論を示したり,新たな医証を添付する必要があるため,専門的な知識や多大な時間と労力を要します。
当事務所では,異議申立てや紛争処理申請にあたり,認定理由書の内容を詳細に検討し,適宜医師面談を行うなどにより,反論のための資料を収集し,適切な後遺障害等級の獲得を目指します。

示談金額に納得いかない方へ

 保険会社から示談案が提示された場合,被害者の方は交通事故に関する知識や情報を持っていないことが多く,その提示金額が適正であるかどうかを判断することは通常困難です。
また,保険会社は,各保険会社ごとに独自の支払い基準を設けており,提示された金額は,裁判において認められる金額と比較して,かなり低額になる傾向があります。
当事務所では,裁判所において認められる基準によって損害額を算定し,保険会社に対して,適正な金額の損害賠償を請求いたします。

弁護士費用が心配な方へ

 

 

代表弁護士 吉岡誠 (所属 山口県弁護士会)

 皆さま初めまして。 代表弁護士の吉岡誠と申します。出身は柳井市のお隣、岩国市です。
平成23年2月1日、日弁連による弁護士偏在解消特別独立開業等支援制度に基づいて、柳井市にあさかぜ法律事務所を開設しました。
あさかぜ法律事務所の名前の由来は、かつて東京駅から東海道本線、山陽本線を通り岩国駅・柳井駅に停車しつつ下関駅まで旅客を運んだ寝台特急あさかぜ号にあやかろうとしたものです。真っ暗な夜道を長い間孤独に耐えながらひた走り、ついには早朝わが山口県内に入りさわやかな朝の風とともに疾走するあさかぜ号の姿をとても力強く感じたため、あさかぜの名前を拝借しました。明けない夜はないとの想いを皆さまと共有し、フットワーク軽く広範囲に活動したいと考えております。
平成24年7月30日、事務所を移転し、皆様方にゆったりとした空間をご提供できるようになりました。また、お子様に目が届く場所でお父様、お母様も安心してご相談いただけるようキッズスペースを備えた相談室もご用意いたしました。
平成24年10月1日、より信頼される事務所をめざし、当事務所を弁護士法人化しました。
平成25年2月1日、岩柳地区の皆さまへより迅速にサービス提供できるよう岩国市役所前事務所を開設しました。
平成26年10月1日、広島事務所を女学院前に移設開設しました。
平成28年10月1日、山口・広島の3事務所でこれまでに培ってきた経験を活かし、当職と縁の深い東京都府中市に府中大國魂神社前事務所を開設しました。
お越しいただく方々のご要望や需要に応え、弁護士はもちろん、事務局も、適時適切に変化し、進化していきたいと考えております。

弁護士 後藤信彦 (所属 埼玉弁護士会)

 皆様,はじめまして。弁護士の後藤信彦(ごとうのぶひこ)と申します。出身は東京都府中市です。平成28年10月より,当事務所に入所いたしました。
私が弁護士を目指したきっかけは,高校生時代に法的な知識がなかったために大きな不利益を受けた際,弁護士の助言を受け,大変心強く感じ,自らも法的な困難に直面している方々のお力になりたいと思ったというものになります。
身近に相談のできる法律家として,皆様が抱える法的な問題解決の助力ができますよう精一杯努力をしたいと思いますので,お困りの際はまずはお気軽にご相談ください。

2007年 私立杉並学院高等学校卒業
2011年 法政大学法学部法律学科卒業
2013年 法政大学法科大学院法務研究科修了
弁護士 持田和信 (所属 第一東京弁護士会)

 皆様はじめまして。この度平成29年3月より当事務所に入所いたしました弁護士の持田和信と申します。長年の経験から,私は「結局すべての事には何かしらの意味があるのではないか」と考えるに至っております。依頼者様が弁護士に相談し私たちの力を借りようとなさるときの状況は,揉め事としては相当深刻なのかもしれません。私はそうした非日常的事態に対し,まずは冷静に十分にお話をお伺いし,法的知識をも駆使しつつ「何が依頼者様にとって最善なのか」を常に自問自答しながら依頼者様と二人三脚で取組んで参る所存です。
依頼者様にご満足を得て頂くことは勿論のこと,依頼者様が今回の出来事に何かしらの意味を見つけ,その経験を活かしこれからに向けて更なるステージアップをして頂くことのお手伝いができればと思っております。今の自分があるのも周りの人の支えがあればこそです。その恩返しの意味も込めて精一杯頑張らせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

1979年 私立桐蔭学園高等学校卒業
1985年 中央大学法学部法律学科卒業
2012年 日本大学大学院法務研究科修了

 

弁護士 丸本健次(所属 山口県弁護士会)

皆様,はじめまして。弁護士の丸本健次(まるもとけんじ)と申します。平成29年5月,当事務所に入所いたしました。普段生活していれば,何らかの問題が発生することは少なくありません。そのようなとき,どのように対処していけばよいのか,悩んでしまうこともあるものです。そこで,法律の専門家の助言があれば,権利が実現され,利益が守られるような法的問題解決策を見出すことが可能となります。少しでも皆様のお力になることができるように,当事務所のスタッフと協力しながら,適正な問題解決を図ってまいりたいと存じます。お悩みの際には,まずはお気軽にご相談ください。

2000年 私立修道高等学校卒業
2004年 東京大学教養学部地域文化研究科卒業
2007年 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻修了
2012年 東京大学大学院法学政治学研究科法曹養成専攻(法科大学院)修了

広島駅前事務所 広島市南区荒神町5番8号 キャッスル林305号室
柳井事務所 山口県柳井市南町3丁目6番地11号 Bliss南町1階2階
岩国市役所前事務所 山口県岩国市今津町1丁目15番29号 村井ビル3階
府中大國魂神社前事務所 東京都府中市本町1丁目12番地2号 オウズ御殿山605号室
戸田市役所通り事務所 埼玉県戸田市上戸田三丁目4番1号 M3戸田公園304号室